by スクエア・ダンス・インフォメーション
プロ記念
スクエア・D・information 豊橋
TEL : 0532-32-7421
1年366日 伝言電話 FAX
事務編集 : 愛知県 豊橋市花絹103
34.768244,137.378062
waltz tango vinnese waltz slow-foxtrot quick-step samba chachacha rumba pasodoble jive manbo blues jitterbag.......................................

ダンスが大好き、健康に一番乗り!

日本人が絶滅品種にならないために、IoT(internet of Things) と 3Dプリンターを考えよう。

2011年から、ドイツがインダストリー4.0をスローガンに、ドイツ政府が旗を揚げて、産業界全体を奮い立たせています。簡単に言いますと、インターネットであらゆる機械を繋げて、もちろん、センサーを繋げて、各機械の動きを情報として取り出して、生産効率の向上と、”改善につなげています。”方法としては、例えば、日本の乗用車の生産ラインで、いろんな車種のものが、一台一台違うものが流れてくる。これを、車の代わりに部品が製造タグとともに流れてきて、それをラインのセンサーが読み取り、作業者に加工方法を伝えます。もし、突然、別のモノが入れられても、ライン・センサーがタグを読み取り、加工方法を伝えます。つまり、突然に、順番が入れ替わっても、対応できるということです。ちょっと、運送会社のに荷物の行き先別に分けることと似ています。、製造加工方法をタグで、作業者に伝えるます。これに設備に使われたものが、製造ラインと、ラインセンサー、作業者が無線イヤホンを付け、目の前のタブレット(外国人では、それぞれの言語に変えて、高齢者には、文字の大きさも変えて、適正化情報を出す。)を見て、加工方法を与えられて、製造機械(事前にセンサーから情報を得ているから加工方法のプログラムは送付されている)人は、それを使って作業をし、次に送ります。大事なことは、人間を大事にしていることと、時間の無駄を無くすこと、です。それと、製造ラインは、ドイツ国内どこでも良いということです。インターネットで結ばれていれば、どこででも、加工作業が行えるということです。不良があれば直ぐに対応する、製造機械のソフトを直ぐにバージョン・アップして直し、良品を作り続けます。

米国のソリューション(問題解決 → 改善)ですが、 部品形状で作りにくい形のものは、3Dプリンターを使って作ります。

今の製造工場での3Dプリンターは金属の粉を使って、それを、レーザー、か、電子ビームで溶かしながら、形を積み上げていきます。ジェット・エンジン部品のように高温、高圧にも耐えれる部品です。おもちゃのプラスチックの3Dプリンターとは全然違います。3D設計されたデータを、インターネットで世界中の国の、子会社に、そのデーターをインターネットで送れば、同じものが、すぐにその国で、簡単に作れます。物質伝送は、できませんが、同じ機械が両方にあれば、インターネットでデータを送って同じものができます。凄すぎます。日本で日米仏合弁の部品材料会社が、ジョットエンジン用の金属粉を、米国と欧州の3Dプリンター用に送っています。素晴らしいですね。、

もちろん、3D測定機もあります。利用してください。


そのほかに、3Dプリンターは、セメントを材料にした、建築部材を作っています。可能性としては、人間のブロンズ像を簡単に作れます。また、AI・ロボットを基本構造にして、肉付きをゴム質で成形して、人体に似せて創ると人間の影武者が出来上がります。


3Dプリンターの利点は、
1、今まで必要だった型がいらなくなる。
2、または、型を作ることで簡単に複製品が作れる。
3、3D成形品ができると同時に、印刷もできる。つまり、造形物とそれに色付けもできる、ということです。

もっと多くの、可能性があります。

参考図書:丸わかりインダストリー4.0 第4次産業革命(日経ビジネス)


目を覚ませ、日本人、世界は、産業革命を続けている。インターネットを恐れずに、利用して、もちろん、ウイルス等に、注意は必要です。

Copyright (c) 2016 Square Dance Information Toyohashi All Right Reserved.