by スクエア・ダンス・インフォメーション
プロ記念
スクエア・D・information 豊橋
TEL : 0532-32-7421
1年366日 伝言電話 FAX
事務編集 : 愛知県 豊橋市花絹103
34.768244,137.378062
waltz tango vinnese waltz slow-foxtrot quick-step samba chachacha rumba pasodoble jive manbo blues jitterbag.......................................

ダンスが大好き、健康に一番乗り!

ダンスは最高!

元気で、長生きは、ダンスと音楽とファッションだ


高齢者への朗報、多種類リズムのダンスを持つ、社交ダンスは、認知症の予防に最高!


Let's have a round table discussion.(全員平等で、話し合いましょう!)

  • サムネイル画像

〇 〇 アンチ・ドーピングを考える。! 〇 〇

高齢者がパーティーでダンスを2時間以上、元気に踊り続けるために。体力向上ドリンクを飲む、カフェイン入りの、コーヒーや紅茶を飲むのは、いいじゃないですか ! OK です。

高齢者は、少々の病気は、お友達です。薬を飲んで、サポータを付けて、テーピングも自由です。点滴の装置を持ち込んでのダンスの見学をする方も大歓迎です。



ドーピングが禁止されているのは、世界の各プロ・スポーツ界でのトップテンの方々(チーム)です。アマチュアでは。オリンピックに出場される方々、日本のトップ・スポーツの競技会に出場される方々は、または、それを予定されている方々、またそれに準じ方々です。

ドーピングの起源は、南アフリカの原住民が狩り・闘争・祭りの前に、強い酒(ドープ)を飲んで命知らずの勇者になることにより成功を収める。それが、始まリらしいが。

悲しい記録があります。

● 1886年のボルドーパリ間の600kmの自転車競技の時にイギリスの選手が興奮剤トリメチルを多量に摂取して、死亡した。記録がある。

● 1960年ローマオリンピックの自転車競技で、興奮剤アンフェタミンを摂取して、競技中に死亡した。記録がある。

世界のトップ・スポーツ界では、ドーピングは、フェアでない、人間的に尊敬できないと、近年では、評価されています。

日本では、2001年からは、JADA(公益法人・日本アンチ・ドーピング・機関)に、多くのプロ・アマ団体が所属して世界のドーピング・コントロール機関と連携しています。昔、ダンスのアマチュアがJADA(ジャダ)と呼ばれていましたが。2001年以降は、JDSFに呼び方を統一しています。

※ 多くをインターネットから頂きました。

20170213

Copyright (c) 2016 2017,Square Dance Information Toyohashi All Right Reserved.