by スクエア・ダンス・インフォメーション
プロ記念
スクエア・D・information 豊橋
TEL : 0532-32-7421
1年366日 伝言電話 FAX
事務編集 : 愛知県 豊橋市花絹103
34.768244,137.378062
waltz tango vinnese waltz slow-foxtrot quick-step samba chachacha rumba pasodoble jive manbo blues jitterbag.......................................

ダンスが大好き、健康に一番乗り!

一国の、大企業の、最高指導者とは、生命体への指導者だ !

トップ指導者は多数の成功があっても、一回の失敗が組織と部下を殺す!

  • サムネイル画像

企業競争、技術戦争は、勝ったり負けたりするものだ、開発競争をトップの指導で続けなくてはならない。

直ぐに、嘘と、分かるのに、バレないと考えるほど、考えが甘い思考に麻痺しているのか!

--------------------------------------

>

ー 日本人はなぜ、トップ企業(人)が馬鹿な情報失敗をするのか? −

ーートップが、良きに計らえ指導では最優秀の部下が次期の後継者決定者ならまだしも、(ただの)部下の中でのトップでは良き対策が想像もできない。であろう(部下はいつまでたっても部下の考えで動く)(部下も、子会社、も同じだ、)(平和な徳川時代は終わって、野獣的な世界の企業競争の時代へ明治からは入っている。)しかし、ドイツ、日本、USAと同じことをするんだな。(効率、合理化が、負け犬を情報でごまかす)。ーー

太平洋戦争の時、日本の優秀参謀が、同じ失敗を何度も繰り返し、また、何度も失敗の作戦をを繰り返させた事例がある。ということは、、参謀が、どんなに帝国大学の優等生でも。、トップが戦死したら、即、お前がトップで旗を振るんだ、だからいつでも振れる立ち位置(勝利させる立場)であれ(できなければ死刑だ。)、と。次期後継者にはトップにいつでもなれる自覚がある状態でいること。トップでなければ想像もできないであろう立場の自覚と施行能力の必要性。つまり、命令されていることを、つつがなく遂行していればいいのだと、安全保身でいることが。許される今の官僚的立場では究極まで考えることが馬鹿しくて、考えることはない。つまり、思考停止し、ほどほどに調整する。(秘密主義がそれを生むのか。自分の問題解決能力の未熟さを隠す)

逆に、部下を無駄に働かせた(死なせた)指導者は、無能な指導者だ,企画、連絡、をしたものが処罰を受けたなら、その、企画を許した、上司は、同罪、処罰だ。

トップが、後継者教育として、俺が失敗で死ぬなら、お前も同罪で死刑だと。常に、言い聞かせていれば後継者は、いつも真剣にトップの考えに対して、同等の立場で真剣に考えることが必定になっているだろう。俺が、成功して引退できれば、次期指導者はお前だ。

今の、日本に必要なことは、技術競争に一時負けてもトップと同等の志は持っているが、方向の違う考えを持つ者、とコンプライアンス(法的責任)をもてる次期指導者が必要。結果では、トップは一歩間違えるとどんなに周りを不幸にさせるかを知らせる働きがある。後継者にも、交代しても大丈夫だ任せてください。と言い切る力が必要だ、それには、科学知識、製造技術、人望と 金も必要だ。人を動かすこと。多くの、混乱(カオス)から、目的成果を見つけ出した人が、指導者なんだ。多くの、失敗の中から、偶然の大成功が生まれたら、その人がトップ指導者になる人だ。運が良かった。努力が運を見つけ出した。(顔つきが嫌いだ、仕草が嫌いだ、匂いが嫌いだ、なんて言わずに!)どうせ、また、いつの日か、交代することになるから。



Copyright (c) 2016 Square Dance Informations Toyohashi All Right Reserved.